保険治療から自由診療まで医療費に関することや、精神疾患でも受給可能な年金など初心者の人へ向けた助言

サイトメニュー

必要な書類の確認をする

悩む女性 うつ病になると障害年金の申請が可能となり、その申請のためには必要な書類を年金事務所に提出する必要があります。医師の診断書と病歴と就労状況等申立書が主な必要書類となります。障害年金支給の決定は書類のみでなされます。

詳しく見る

暮らしの安定を図る

看護師 うつ病になったことで生活が不安になる人は、障害年金を申請して治療費などの生活費を保障してもらうことです。現状から社会復帰の出来るシステムになっていますので、若い人でも申請をして回復することで元の生活に戻ることができます。

詳しく見る

人気のある支援制度

悩む女性 うつ病が悪化すると仕事をするのも難しくなりますが、そういう時は障害年金を使えば対応できます。申請手続きをするためにはクリニックなどに行く必要があるため、どのような形にするか十分に考えなければいけません。

詳しく見る

病気で悩んだ場合

悩む成人女性 体調不良などが続きうつ病になった場合には、障害年金をもらうことができます。医者による診断書が必要で、社労士にそのほかの書類作成などを依頼すればスムーズに障害年金を受け取ることができます。また、それぞれ等級があり受給額も変わってくるでしょう。

詳しく見る

うつと抑うつ気分は違う

カウンセリングを受ける男性 薬と休養で治すことが、うつ病の一般的な治療法であり、抗うつ剤は症状が消えた後も飲み続けます。うつ病は何をしても気が紛れることはなく、最終的に仕事もできなくなりますが、そのような人を支援するのが2か月に1回、2か月分をもらえる障害年金です。

詳しく見る

心の元気を取り戻そう

悩む女性

初めてならチェックしよう相場とアドバイス

病院へ行く際はどれぐらいのお金が必要か気になりますが、うつ病の治療では概ね2千円から6千円前後というのが相場です。具体的には初めて診てもらう場合は3千円程度から6千円前後であり、次回以降はおよそ2千円から3千円程度で済むのが一般的になっています。ですが利用する精神科や心療内科によって値段は異なるほか、処方薬の種類や量によっても金額は違うので、目安程度に考えておくと良いでしょう。また、うつ病では心理療法もメジャーな治療方法ですが、カウンセリングは自費治療という場合が多いため、1回あたり8千円前後などと保険診療より高額になります。ただし料金にはバラつきが見られ、安い所では3千円や5千円前後といった費用で受けられることもあるのです。そして、国民年金の障害年金はうつ病でも請求できますが、受給が認められた場合は2級なら約78万円、1級ならその金額に1.25を掛けた金額がもらえます。実際の年金額は年度によって変わることもありますから、障害年金をもらう際は最新の受給額をチェックしましょう。

優れた効果を期待できることから、うつ病を治す時は抗うつ剤の服用も一般的となっており、その際は精神科医や心療内科医の指示に従うのがルールです。抗うつ剤には即効性がなく、早くても2週間、遅ければ1か月ぐらい経たなければ改善効果が現れません。なのでいくら飲んでも症状が良くならないからという理由で、服薬を止めないようにしましょう。しかしながら、眠気などの副作用が強くて困る、という際は医師に相談するのが肝心です。その場合は飲む量を減らしたり、必要に応じて別の抗うつ剤へ切り替えてくれたりします。また、抗うつ剤以外の治療を受けたい時は、心理療法にも対応するクリニックを選ぶのがベターです。認知行動療法や運動療法など、抗うつ剤とはまた違った角度からうつ病を改善できるようになります。そして、受給を目指して障害年金請求にチャレンジする際は、社労士などの有資格者に任せるのがおすすめです。年額で100万円前後もらえる場合があるなど、障害年金の受給額は決して低くないため、手続きのルールは複雑でハードルも高くなっています。提出書類の作成では、わずかな勘違いが致命的なミスにもなりかねませんから、本気で受給を望むならプロに手続きをお願いした方が確かです。

Copyright© 2019 保険治療から自由診療まで医療費に関することや、精神疾患でも受給可能な年金など初心者の人へ向けた助言 All Rights Reserved.