保険治療から自由診療まで医療費に関することや、精神疾患でも受給可能な年金など初心者の人へ向けた助言

サイトメニュー

必要な書類の確認をする

悩む女性

様々な情報を知る

うつ病になると障害年金の受給が可能となります。うつ病になって障害年金の申請をする際には、受給で欠かせない条件を知るのが大切です。うつ病は症状が悪化することもありますので、こうした条件について考えるのはまだ症状が軽い時にする必要があります。症状が進んで行きますと、こうした条件の確認もできなくなることもあります。障害年金の支給のためには、公的年金に加入している必要があり、厚生年金か国民年金か共済年金のいずれかに加入している必要があります。保険料を納めている期間中に発病することと、保険料が2/3以上はきちんと納められていることなどの条件もあります。医師の診断書によって障害の状態に該当する精神疾患持っていることが証明される必要もあります。こうした条件を満たして初めて障害年金を受給できます。初診日に加入していた公的年金により、申請窓口は異なります。国民年金の場合は市町村役場や社会保険事務所が申請窓口となります。障害年金1級から3級に分かれています。こうした等級の決定は年金機構の審査によって決まります。

重いうつ病の場合は障害年金が支給される確率は高いですが、3級に該当する時などは微妙なこともあります。障害年金の支給のためには、医師の診断書が必要となります。精神科などでうつ病と診断された日が初診日です。初診日から1年半後に障害年金の支給が可能となることは事前に知っておく必要があります。精神科の医師は診断書の書き方に慣れていますが、症状を正確に伝えないと診断書の内容も正確にならないです。そのため医師の診断を受ける前には、何を医師に伝えるべきかをよく考える必要があります。医師の診断書の他に病歴と就労状況等申立書を自分で作成します。この申立書の内容は診断書より詳しいです。申請の判断は書面でのみされて面接はないです。面接といえるものは、医師の診断を受ける時だけとなります。年金事務所は書面だけで判断します。うつで障害年金の申請をする時は、こうした確認を上手く行うのが大切です。ストレス社会でうつ病にどのように対応するかが問われています。こうした時代の中で障害年金の必要性は高まっています。

Copyright© 2019 保険治療から自由診療まで医療費に関することや、精神疾患でも受給可能な年金など初心者の人へ向けた助言 All Rights Reserved.