保険治療から自由診療まで医療費に関することや、精神疾患でも受給可能な年金など初心者の人へ向けた助言

サイトメニュー

うつと抑うつ気分は違う

カウンセリングを受ける男性

開始から回復までの治療内容と役立つ年金

生活への興味を失い、イライラ感や不安にも悩まされるうつ病の治療は、まず休養をしっかりとることから始まります。そして精神科などを受診すれば抗うつ剤も処方してくれるため、休息と薬の両面からうつ病を治せるのです。症状がほぼ気にならなくなるまで、およそ6週間から12週間は必要ですが、この間は身体へ薬を慣れさせる期間にもなっています。また、服薬を続ければ最初に不安やイライラが若干おさまり、次に塞ぎ込んだ気分がやわらいでくるなど、順を追って少しずつ改善していくのが通例です。やがて生活への関心が戻って家事を行えるようになり、暮らしも楽しめるようになれば、次はこの状態を維持できるように治療が進められます。症状が消えれば薬も止めたくなりますが、ここで中断すると逆戻りする場合が多いため、4か月から9か月間など、一定期間医師の指導に基づいて服用し続けるのが基本です。このようにうつ病の治療には時間が掛かるため、職場から離れる期間が長引けば、心が改善に向かう一方で、今度は生活資金への不安が出てきます。そこで重宝するのが障害年金となっており、受給請求を行って審査に無事受かれば、生活費や医療費に障害年金を役立てられるのです。

感傷的な気持ちになったり意欲が出ないことは、健常者でも普通に見られる精神状態です。しかし、気分転換をしたり数日もすれば勝手に回復する場合は、うつ病とは呼びません。うつ病は気分が晴れない状態が概ね半月以上続き、なおかつ以前は楽しめたことをやっても、まるで楽しさを感じないのが特徴です。また、健常者の抑うつ気分は原因が明確に存在するのに対し、うつ病は切っ掛けこそあるものの、それがキチンと分からない傾向もあります。さらに、健常者の抑うつ気分は他人が見てもそうなったことが理解しやすいのですが、精神疾患のうつ症状だと他人が見ても理解不能なのが一般的です。そのほか、健常者の抑うつ気分は趣味や仕事に打ち込んでいれば気は紛れますが、うつ病では気が紛れるどころか趣味や仕事自体に取り組めません。つまりうつ病は日常生活に影響が出るばかりか、仕事もできなくなるため、症状が進むと職場を離れざるを得ないのです。すると収入がなくなるので生活に困る訳ですが、障害を負って仕事が手につかなくなった人を支援してくれるのが障害年金になります。要件を満たして請求後に審査をパスすれば、2か月に1回、2か月分の障害年金を振り込んでもらえるのが特徴です。

Copyright© 2019 保険治療から自由診療まで医療費に関することや、精神疾患でも受給可能な年金など初心者の人へ向けた助言 All Rights Reserved.