保険治療から自由診療まで医療費に関することや、精神疾患でも受給可能な年金など初心者の人へ向けた助言

サイトメニュー

病気で悩んだ場合

悩む成人女性

知識や相場を理解する

不眠や食欲不振などを感じた場合には、うつ病の可能性があります。この場合、障害年金をもらうことができることを知っておけば、精神的に楽になるでしょう。少なくとも、つらい状況の中で無理して会社に行く必要がなくなります。この時にしておきたい基礎知識の一つは、障害年金をもらう場合には診断書が必要になることです。通っていた病院に診断書をお願いすることで、診断書を手に入れることは決して不可能ではありません。ただ、診断書を書くことに対して否定的な医者がいますので、書いてもらうために「自分はつらい状況にあること」を明確に述べる必要があります。その後、うつ病による障害年金の申請をしてもらうためには社労士にお願いすると良いでしょう。社労士にお願いすることによりお金はかかるものの、障害年金を専門的に行っている社労士ならば簡単に手続きを済ませてくれ審査に通りやすい方法で書類作成などをしてくれます。短期的に考えると基準的な負担はありますが、長期的に考えれば社労士を利用するメリットは大きいです。

うつ病で障害年金をもらうとすれば、いったいどれぐらいの金額は相場になるかを理解しておくと、あらかじめ準備ができます。実際もらえる金額は、等級によって変わってきます。1級の場合には、8万円から12万円ぐらいの範囲になると考えておきましょう。国民年金に加入している場合は、毎月8万円程度になりますが、厚生年金に加入している場合は12万円ぐらいになるのは相場になります。次に、2級の場合には、国民年金に加入している場合はおよそ6万5千円、厚生年金に加入している場合にはおよそ10万円になります。そして、3級の場合は国民年金に加入している場合全くもらうことができません。その一方で、厚生年金に加入している場合は、およそ5万円もらうことができるのが特徴です。うつ病で障害年金をもらうときは、どの等級に該当するかを事前に知ることは難しいです。ただ、おおよその基準として介護が必要なほどの状況の場合には1級に該当しやすいです。介護が必要なほどではないけども、自分で生活することが困難な場合には2級に該当しやすいでしょう。

Copyright© 2019 保険治療から自由診療まで医療費に関することや、精神疾患でも受給可能な年金など初心者の人へ向けた助言 All Rights Reserved.